すごいね、オオタニサン‼︎

NO.9679186
大谷翔平 ピンチも冷静「ランナーを置いてからの投球が良かった」硬軟自在に6回無失点
大谷翔平 ピンチも冷静「ランナーを置いてからの投球が良かった」硬軟自在に6回無失点
 「アスレチックス4-1エンゼルス」(19日、オークランド)
エンゼルスの大谷翔平投手は6回無失点の好投も味方の援護もないまま降板。7登板連続二刀流出場でメジャー1年目を超える自己最多5勝目はお預け。防御率は3・21となった。チームは2連敗で2日以来の借金2となった。

 「2番・投手」で、後半戦初、今季11度目の投打同時出場。6回96球を投げて3安打無失点。4連続を含む8三振を奪った。96球中59球がストライクと制球も良く、四球も1つだった。

 「ストライクの割合も悪くなかったですし、ランナーを置いてからの投球がよかったのかなとは思う」。

 ピンチでも冷静だった。二回は1死から二塁打を浴びたが、2者連続空振り三振で切り抜けた。三回も1死から四球と二塁打で二、三塁とされたが、後続を空振り三振、二ゴロに斬った。

 序盤はこの日MAX159・7キロの直球、スプリット主体の力強い投球。四回以降はスライダーなどの変化球を織り交ぜて単打1本に抑え、4連続三振も奪った。「まっすぐとスプリットはもちろん自信のある球なので、優先順位の低い球を混ぜることによって、他が生きてきたりするので、そういう使い分けは必要かなと思います」と、この日の硬軟自在の投球を振り返った。

 大谷はそのまま七回から右翼の守備に入った。外野の守備に入るのは6月10日のダイヤモンドバックス戦以来5度目。だが、大谷降板直後の七回に2番手シーシェクが均衡を破る3ランを浴びてチームは敗れた。

【日時】2021年07月20日
【ソース】デイリースポーツ
【関連掲示板】




#33 [匿名さん] :2021/07/20 19:01

>>0
普通は緩急自在と表現するけどね?
硬軟自在?w トンガりたい人?w
駆け出しのライター?w


#5 [匿名さん] :2021/07/20 17:58

なんかもう毎日、大谷さんの結果みるのが楽しみ。


#8 [匿名さん] :2021/07/20 18:01

>>5
そうそう、海外の女性ファンも翔平にメロメロ


#12 [匿名さん] :2021/07/20 18:15

すべコベ

言わず

ホームラン打て

ゲレーロに抜かれるやろ


#16 [匿名さん] :2021/07/20 18:27

>>12
ゲレーロなんてつい最近まで知らなかったくせに!野球嫌いの連投フランケン


#17 [匿名さん] :2021/07/20 18:29

>>16
大谷も

知らんがな


#20 [匿名さん] :2021/07/20 18:38

大谷がランナーを置いてからの投球が良かったから何なのよ?


#26 [匿名さん] :2021/07/20 18:54

>>20
流してやる展開だよ
たまには甲子園見れ


#22 [匿名さん] :2021/07/20 18:45

運動音痴コメントだけでエエよ。


#23 [匿名さん] :2021/07/20 18:53

>>22
お前は世界一ブサイクなイカ星人だけに関心もっとけ笑


#27 [匿名さん] :2021/07/20 18:55

>>25
ナコ


#29 [匿名さん] :2021/07/20 18:55

>>25
イカw


#25 [匿名さん] :2021/07/20 18:54

>>23タコ


#30 [匿名さん] :2021/07/20 18:58

>>23 おまえ呼ばわりする奴しかいないのかよ。


#31 [匿名さん] :2021/07/20 18:58

LAAと2年契約らしいけど、もうこんなチーム見切って
優勝できそうなとこに移籍してほしいわ


#38 [匿名さん] :2021/07/20 19:09

>>31
いいチームだよエンゼルスは中継ぎをもっと補強すればだけど


#35 [匿名さん] :2021/07/20 19:06

強いチームなら7勝くらいしててもおかしくない


#39 [匿名さん] :2021/07/20 19:10

>>35
以前、*嬢から聞いた話だが
パンツ脱いだら*に埋もれていて
*が見えない客がいたんだって(笑)


#40 [匿名さん] :2021/07/20 19:11

>>35
勝ち星より防御率に期待しよう!


#45 [匿名さん] :2021/07/20 20:45

>>39
スワッテクダサイ!


#43 [匿名さん] :2021/07/20 20:19

昨日の試合の
>7回1*第4打席一ゴロ、全力疾走でセーフ。
このプレーに、中継局BSウエストのグビザ解説者は「この流れを続けたいものです。大谷は(同僚)フレッチャーにもう一度打席を回し、連続安打の記録を更新させるために全力疾走。そして、セーフにしました」と説明。

マドン監督も「多くのことを物語る走塁だった」と評した。
それまで、球団史上2位の26試合連続安打中だったフレッチャーは4タコ。スコアは2―7の劣勢。もし大谷以降の打者が全員アウトになれば、第5打席が回って来ないまま試合終了になる可能性が高かった。結局、フレッチャーは9回の第5打席で空振り三振に倒れ記録はストップしたが、きっと感じるものはあったはずだ。

性格も良さげ


#49 [匿名さん] :2021/07/20 21:12

>>43
その時一塁ギリで最後の一歩早くベース踏みたくてジャンプするように踏んだ。それすると毎回やめなさいって監督に叱られるんだってね。怪我防止の為に。本当野球少年みたいだわw


#47 [匿名さん] :2021/07/20 20:49

どちらかに絞る時が来たら、どっち選ぶんだろう。


#48 [匿名さん] :2021/07/20 21:07

>>47
引退しちゃいそう